WEDDING REPORT

ウエディング体験者レポート

ロケーション撮影や宿泊も。巨大なリゾートタウンで全てが叶った

  • 2016年10月29日
  • K.Tさん(33)A.Tさん(33)
  • 挙式会場名ホテル千秋閣 翔鳳殿
  • 挙式スタイル神前式
  • 列席者家族・親族 16名/友人・知人 8名
  • 披露宴会場名ホテル千秋閣 カトレア
  • 披露宴スタイル着席
  • 披露宴人数家族・親族 16名/友人・知人 8名
  • 総費用165万円(ご祝儀制)
    挙式、料理、飲物、新婦衣裳、新郎衣裳、美容着付、ケーキ、会場装花、席札/メニュー表、当日のスナップショット、プチギフト、引出物、司会、ゲスト宿泊代

●会場を決めた理由

県立自然公園に指定されている広大なリゾート地で、宿泊もまとめてお任せ!撮影スポットの多さにも惹かれた
祖父母にも出席してもらいたいと、新婦の地元で式場を探すことに。東北有数の温泉リゾートとして名をはせるこのホテルは、宿泊まで全て任せられることが魅力だったそう。「希望していた神前式が叶うだけでなく、敷地内は撮影スポットもたくさん!四季を楽しめるバラ園や庭園で、すてきな写真を残したいと思いました」。

●挙式の内容と感想

黄金の輝きを放つ空間で日本古来の神前式。親族と近しい友人たちが見守るなか、夫婦として絆を深めた
やわらかな光に包まれた本格的な神殿で厳かな挙式。新郎は紋付袴、新婦は白無垢に綿帽子という出で立ちで、夫婦として結ばれる慶びをゲストとわかち合った。「三三九度や玉串奉奠などの儀式を彼と一緒にできて、結婚する実感がより高まりました。親族だけでなく友人や同僚にも参列してもらえて嬉しかったです」と新婦。

●披露宴・パーティの内容と感想

岩手が誇る前沢牛など、贅沢な食材を使っておもてなし。美味しい料理と懐かしい写真に笑顔が広がった
少人数のパーティにぴったりの『カトレア』が舞台。おもてなしの料理はランクアップし、お造りやメインディッシュ、ご飯ものなどこだわって選んだ和洋折衷コースを振る舞った。「なかでも前沢牛ステーキがゲストに大好評!中座中はプロフィールムービーを観てもらいながら、美味しい料理を味わっていただきました」。

●演出の内容と感想

みんなが踊りだすダンスナンバーでパーティは大盛り上がり!フォトラウンドではゲストとふれあう時間も
突然会場内に音楽が響き渡ると、新婦の友人や同僚が次々に踊りだすフラッシュモブのサプライズ!「みんなの協力のもと彼に内緒で計画したのですが、親しみのある曲だったのでいつのまにか全員で踊っていました(笑)」と新婦。さらに、テンションが上がったゲストと各卓で記念撮影を楽しみながら、感謝の気持ちを伝えた。

●スタッフの対応について

なかなか会場へ行けないふたりを細やかなメール対応でサポート。当日にロケーション撮影も叶えてくれた
遠方に住んでいたものの、プランナーとのこまめなメールのやりとりで安心して準備を進められたふたり。会場へ直接足を運んだのは4回ほどだったそう。「前撮りの代わりに、挙式前に敷地内の色々な場所でロケーション撮影もしていただきました。披露宴で着ない色打掛での写真も残せて、とても嬉しかったです」。

●これから花嫁になる人へアドバイス

ゲストの移動時間を考慮してパーティの時間帯を選ぼう。ファーストバイトでオリジナリティを発揮して
パーティの開始時間はゲストのことまで考えて設定するとベター。「私たちは遠方ゲストが当日の朝に出発しても十分間に合う時間帯にしました」。また、バームクーヘンへのケーキ入刀&ファーストバイトもゲストに好評だったそうで「インパクトを残せるユニークなウエディングケーキもおすすめですよ」とのこと。