WEDDING REPORT

ウエディング体験者レポート

家族で温泉旅行も満喫。両家の親睦を深める和やかなウエディング

  • 2018年6月3日
  • R.Kさん R.Hさん
  • 披露宴会場名ホテル千秋閣 カトレア
  • 披露宴スタイル着席
  • 披露宴人数家族・親族 20名

●結婚式のイメージ

家族旅行のようなアットホームな結婚式で親孝行。
とっておきの晴れ姿を披露して、両家の絆を結ぶ機会に
ふたりが好きな青色の衣裳を着て写真を残したいと思っていたとか。「最初は家族での食事会と写真撮影だけを予定していました。フォトスポットの多い会場を探していくうちに、関東から彼女の親族がせっかく来てくれるのだから、感謝を伝えられる結婚式をして親睦を深めるのも素敵だなという気持ちに変わりました」と新郎。

●会場を決めた理由

温泉・料理・ロケーションの三拍子が揃った会場。
箸で食べられる創作和食もゲストに喜んでもらえると確信
フォトスタジオをはじめ、約5000坪の広大なバラ園や風情のある日本庭園、近隣の観光施設など、多彩なロケーションでの記念撮影が叶うことに惹かれ見学へ。「宿泊施設も充実していて湯めぐりもできるので、家族で過ごすのに最適だと思いました。岩手の旬の食材を味わえるボリューム満点の料理も決め手になりました」と新婦。

●披露宴・パーティの内容と感想

ブルーの衣裳や装花で統一感のあるコーディネート。
リラックスして楽しめる雰囲気作りにこだわった
前日から宿泊していた新婦の家族と、披露宴前にも敷地内での写真撮影で盛り上がった。「年配のゲストもいらっしゃったので、控室やブライズルームが同じフロアに揃っていて移動しやすい披露宴会場を選びました。『夜空』をテーマに星に見立てたキャンドルや青い花を飾ってもらい、幸せいっぱいの空間でした」。

●演出の内容と感想

ゲスト参加の演出で親族同士の交流の場に。
お色直し後はみんなでクラッカーを鳴らし新郎の誕生日も祝福
親族紹介を兼ねたプロフィールムービーを上映。フォトプロップスを使った各卓ラウンドでは簡単な自己紹介もしてもらったそう。「私だけでなく彼も両親への手紙を読んで感謝の気持ちを伝えました。当日が彼の誕生日だったので、サプライズのバースデーケーキを用意し、両家でお祝いできたことも感動的でした」と新婦。

●スタッフの対応について

気配り上手で親しみやすいプランナー。
ふたりの希望を汲んで、ゲストファーストの結婚式を叶えてくれた
「明るく話を聞いてくれる、初めて会ったとは思えないほど親近感のあるプランナーさんでした。披露宴前日にきてくれた家族と、チャペル内で過ごす時間を作ってくださり本当に感謝しています」と新婦。さらにバラの開花に合わせて撮影できるようにと、『後撮り』というアイデアを出してくれたこともうれしかったそう。

●これから花嫁になる人へアドバイス

手作りアイテムの仕上がりは、早めにしっかりチェック。
お世話になった両親に寛ぎの時間を贈るのもおすすめ
ムービーを手作りする場合は、1か月前くらいには仕上げる気持ちで進めてほしいとか。「出来上がって会場で試しに流してみたら、音響の面で問題があり、作り直すことになりました。手作りは品質も気になるので、早めを心掛けてくださいね」。両親に旅行や宿泊券をプレゼントすると恩返しになるともアドバイスしてくれた。